ダイエットに関する記事

ケトジェニックダイエットで確実に失敗しない方法について現役パーソナルトレーナーが解説します!!

大家好!!

現役パーソナルトレーナーのこたうめです。

本日はケトジェニックダイエットを始めたのに失敗した人に対して「失敗しないための方法」について原因解決策についてお伝えしたいと思います。

ケトジェニック始めたのはいいけど・・・・

「思ったより体重が減らない」

「直ぐにリバウンドで失敗する」

等々・・・

様々な疑問について誰よりも分かりやすく解説します。

「これからケトジェニックダイエットを始めたい!」

「確実に成功させたい!」

そんな人も是非お付き合い下さい。

ケトジェニックダイエットで失敗する原因と解決策

原因①:カロリーオーバー

一番多い原因がこちらです。シンプルに考えて下さい。

痩せるために必要な条件は消費カロリー>摂取カロリー”です。”摂取カロリー>消費カロリー”ではケトジェニックでも痩せません。ケトジェニックでも痩せていかない方は先ずこちらのケースを想定し生活を見直してみて下さい。

解決策:摂取カロリー>消費カロリーになるよう調整する。

カロリーオーバーしなければ身体は太っていきません。先ずは一日の摂取カロリーを把握してください。次に消費カロリーを把握すること。これが基本となります。摂取カロリー、消費カロリーがどれくらいか知りたい場合は以前書いた記事を参考にしてください。

特にケトジェニック中は炭水化物のエネルギーではなく、脂質からエネルギーを生成しようとします。その為、脂質を多く摂ることばかりに意識がいき、適量ではなく過剰に摂取しているケースが非常に多いです。脂質は1gあたり9Kcalもあります。これを念頭に置いてカロリー調整をすることが重要となります。

原因②:糖質量が多くケトジェニックになっていない

これもケトジェニックでも痩せていかない多くの人が該当する原因です。別の記事でも紹介したいと思いますが、糖質制限とケトジェニックダイエットは似ているようで異なります。糖質制限はいつもより糖質摂取量を控えるレベルでOKですが、ケトジェニックダイエットは極端な話、糖質を限りなく0に近い状態に持っていくことで効果が出ます。0というのは日常生活では困難である為、実際には50g/1日に抑えることでケトジェニック状態にもっていきます。こうすることで身体の脂肪からエネルギーを作り出す状態になります。

以上のことから糖質量を多く摂っているとケトジェニックにならず、中々体重が落ちていかない状態が続いていくのです。糖質はお砂糖やジュース、ケーキのような甘い物をイメージしがちですが、意外と調味料に多く含まれていることを認識してください。醤油や、みりん、みそなど日頃から使用しているものにも結構含まれています。それに根菜類やドレッシングにも多く含まれています。根菜というのは大根やニンジン、ネギなどなど色々あります。またサラダにかけるドレッシングも糖質量が多いです。

解決策:調味料や根菜類、ドレッシングの糖質量も把握する。

参考までに各種調味料、根菜類、ドレッシングの代表的な糖質量について紹介したいと思います。

・調味料

しょうゆ=1.8g/大匙1

みりん=11g/大匙1

みそ=3g/大匙1

・根菜

じゃがいも=22g/1個(150g)

にんじん=8.5g/1本(130g)

大根=23g/1本(850g)

・ドレッシング

ゴマドレッシング=21g/100g

和風ドレッシング=16g/100g

フレンチドレッシング=6g/100g

意外と多いですよね・・・

1日50g以下に抑えるとなると上記の糖質量を摂取するだけで、かなり難易度が上ることがお分かりいただけたかと思います。

原因③:代謝が落ちている

単純に筋肉量が落ちていて代謝自体が落ちてしまっているケースです。朝やランチなどに無理に食事を抜いてしまう人に多いです。これは絶対にNGな行為です。何故なら極端に食事を減らすと、脂肪だけではなく筋肉も一緒に落ちてしまいます。これによって代謝が落ちてしまうのです。

また、リバウンドの原因にも直結します。食事制限を辞めた後に脂肪と共に減少した筋肉のところへ脂肪がついてしまうからです。この脂肪ばかりついてしまった状態を「サルコペニア肥満」といいます。これによって太るだけではなく、通常の肥満より生活習慣病になる可能性もグーンと上がるのです。

なにより、ぷよぷよのだらしない身体になりますのでいい事無しです。

解決策:しっかりと食事を摂ること。

最低でも朝、昼、晩の3食しっかり食べて下さい。可能であれば間食を入れて4~7回食べるのがベストです。そもそも「食べないダイエット」は長く続きませんし、ケトジェニック中は炭水化物によるエネルギーが補給できていないため、しっかりとタンパク質、脂質を摂取しないと筋肉の減少が早いです。筋肉を減らさないためにもしっかりと栄養を摂り、適度な筋トレがベストです。筋トレが嫌いな方は食事だけでも気を付けて下さい。

原因④:既に適正体重の状態

これは体系が普通なのに「もっと痩せたい」「モデル体型になりたい」という願望が多い人が陥りやすい状態です。この場合ケトジェニックをしても痩せません。何故なら人間にはホメオスタシス(恒常性)が働くため、身体にとって過ごしやすい環境=「適正体重」を維持しようとします。既に普通体系の人がケトジェニックをしても痩せない理由です。

解決策:太っていないので現状維持でOK。

普通体型なのそれでも痩せたいと思っている方はケトジェニックでも痩せませんのでボディメイクが必要です。おそらく体型にコンプレックスがある人や、モデルさんの様な体型に憧れている人が多いと思います。その場合は筋力トレーニングなどで筋肉をつけることをしてください。既に体型が普通の方がカッコいい身体になるためには、筋肉をつけることが唯一の解決策です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

失敗する人はいずれかに該当すると思われますので、しっかりと対策をして成功させましょう!!

最後にまとめさせていただきます。

ケトジェニックで確実に失敗しない方法を実践するにあたって先ずは原因を探り、それに対してのアプローチが必要となります。それぞれの原因と解決策についてまとめてみました。

原因①:カロリーオーバー

解決策:摂取カロリー>消費カロリーになるように調整する

原因②:糖質量が多くケトジェニックになっていない

解決策:調味料や根菜類の糖質量も把握する

原因③:代謝が落ちている

解決策:しっかりと食事を摂ること

原因④:既に適正体重の状態

解決策:太っていないので現状維持でOK

何かご不明な点がありましたらお気軽にご連絡下さい!

皆さんのダイエット成功を心より祈っています!!

 

それではまた!

再見!!

-ダイエットに関する記事

Copyright© 日台ハーフこたうめブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.