オススメ書籍・漫画

読めば人生が変わるオススメの本「7つの習慣」

大家好!!こたうめです。

15歳からスタートとして現在31歳になるまで累計3200冊(200冊以上/年)以上本を読んできた読書を愛する男です。

そんな私の人生を変えてくれたおススメの本について紹介したいと思います!!

この紹介を通して皆さんの人生がより良い方向へと向かっていくことが出来たら幸いです。

それでは参りましょう!!

 

本日紹介させていただくのは「7つの習慣」です。

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー

本の紹介

自己啓発の定番で、世界で3000万部も売れたという驚異的な本です。ビジネスマンであれば読んだことなくても聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。世界有数の影響力を持つビジネス思考家でもあるコビィー先生が25年間にわたり、成功者と呼ばれる方々や、何百もの文献を元に「成功するためにはどうすればいいか?」その答えを記した本です。

こんなこと人へオススメ!

・成功の為に何をしたらいいか分からない人

・今の人生が嫌で何かを変えたい人

こんなことが学べる!

ポイント

・成功するための7つの習慣が学べる

内容

ネタばれ注意!!

本の内容を知りたくない方は飛ばしてくださいね(^^)/

それでは自分の考え方も入れながら要約し、お伝えしたいと思います!

本書では様々な自己啓発書、ビジネス書の内容を網羅していて、この先50年、100年後にも役立つ本質的な内容となっています。結論から申し上げますと、成功するためには7つ習慣を身につけることが必要となります。

ここで示す「成功」=「お金持ちになる」ではありません。

表面的なことでの成功ではなく「成功」=「格主義のことを指しています。

人格主義⇒「素晴らしい人格を持った人間になる」これこそが成功だとコビィー先生は言っています。

お金だけでなく、人間関係、精神面、健康面、知性という面でも全てにおいてバランスよく高いレベルになることが本当の意味での成功です。

例えばお金だけ持っていて偏ったバランスで成功したとしても、心は虚しくなるだけで「真の成功」とは言えないと語っています。だからこそ本書では「今すぐにできる7つの方法」を教えるのではなく、人間として本質的に成長して欲しいという想いが込められて「7つの習慣」というタイトルになっているのだと思います。

成功するための「7つの習慣」

①~⑦までありますが、以下のような3構成で分類されます。

①~③:自分自身が成功する

④~⑥:周りを巻き込んで成功する

⑦:さらに自分を磨く

それでは具体的な内容について補足しながら触れていきたいと思います。

①主体的であれ

⇒主体性を持って、自分で責任を取る

「〇〇さんのせいだ」「会社のせいだ」「周りの環境のせいだ」等々思っている人は主体性がない人です。

一方で「自分の責任でもある」「次回からはここを気を付けよう」と他人や環境のせいにしない、自分にできることを考えている、可能な限り自分でコントロールしようとするのが主体性のある人です。

②終わりを思い描け

⇒人生も仕事もゴールを明確にする

人生においてのゴールを明確にすることが必要だとコビィー先生は言っています。人生の「ゴール」=「死」ということです。成功するためには「死」を意識することが大事です。どういうことかというと、例えば自分が死んだときに周りの人にどう思われたいのか。自分の人生をどのようにしたいのか。これを意識し人生を歩むことで成功への一歩に繋がるのです。

例えば私であれば死ぬとき「働かず、海外で家族とともにまったりノマド生活を送る」という自分なりのゴールがあります。そのため、時間の使い方、人間関係、本業、副業もこの軸から外れないように行動しています。正直私の場合は時間の使い方に異常なほどこだわりがあるため、人間関係はあまりよくないのがありますが・・・これは反省ですね。

③最優先事項を優先しろ

⇒ゴール達成に対して重要なことに優先的に注力する

②でゴールを設定しても関係ないことばかりしていてはゴールから遠ざかるだけです。人間が与えられた時間は限られています。ゴールに近づくために必要なことを優先しないと間に合わないのです。ここで示す優先事項というのは急ぎの仕事のことではありません。自分のゴールに近づくために重要な事です。緊急性より重要性の方が大事です。

優秀な人でも時間を管理しているようで、時間に管理されている人が多いです。自分の人生を管理するという意識を持つことが大事だということです。

④Win-Winを考えろ

⇒みんなが得することを考え行動する

常に勝者と敗者が生まれるような認識は捨てることです。関係者みんなが得をし、ハッピーになれるようなことを考えて行動していくことが必要です。

⑤相手を理解しろ

⇒先ずは理解することに徹して、その後理解される

Win-Winの関係を構築するためにも重要になってくる考え方です。相手の悩みを核心部分まで聞くこと。何故なら悩み相談といっても既に「答え」を持ている人がいるからです。そういう場合が多いのです。相手の悩みの核心部分に触れる前にアドバイスする人っていますよね。それはダメです。その人に感情移入しながら本質部分にふれるまで話を聞いてあげることが大事です。

⑥シナジーを創れ

⇒Win-Winの関係を目指し、相手に耳を傾けたら出来る

シナジーと妥協が全く異なります。仕事をしていると相手と自分との考えに違いが生まれた際、大人の対応をしようとし相手に合わせてしまうことってありませんか?コビィー先生はこれはシナジーではなく妥協だと言っています。相手との違いを尊重し、歓迎することでお互いの力が掛け算となり、最高の結果を得ることが出来るのだということです。

因みに私は全くできていない習慣ですね・・、というか難しいです。意見が合わなくなったときに相手に合わせた方が楽だし、争っている時間が無駄だと感じてしまうから。家族とのケンカもそうです。先に謝ったほうが解決が早いですからね。この考えではいけないので改めるように努力します(*_*;

⑦刃を研げ

⇒大成功したとしても油断せずに、さらに自分を磨く

読書や勉強などといった知性を身につけることだけでなく、体力面、精神面、人間関係を磨いていく必要があるとコビィー先生は言っています。具体的には読者や勉強、運動や筋トレ、芸術や瞑想、人に会うこと全てを継続して磨きつづけることが重要だということです。「やることが多くて難しい!」と思いますよね。初めから全て磨いていくのではなく、徐々に出来ることを増やしていけばいいと思います。

注意して欲しいのが、サラリーマンでも多いのがTOEICスコアUPの為に勉強を始めたり、簿記資格取得のための勉強をしたりと①~⑥の習慣を飛ばして⑦の習慣から始めることです。その場合間違いなく空回りすると思います。

先ずは①~③の習慣で「自分の人生どう歩みたいのか」ゴールを決め、優先事項を決める。それから自分磨きを始めることが一番効果的だと思います。

終わりに

「7つの習慣」とは【表面的にお金持ちになれる方法ではなく、本質的に人間として心豊かになれる本】です。

7つの習慣

①主体的であれ

②終わりを思い描け

③最優先事項を優先しろ

④Win-Winを考えろ

⑤相手を理解しろ

⑥シナジーを創れ

⑦刃を研げ

7つの習慣をまとめると以下3構成となっています。

①~③⇒自分が成功する

④~⑥⇒みんなで成功する

⑦⇒さらに自分を磨く

まとめると以上でした。

 

成功するのってすごく大変ですよね・・・

7つの習慣全て実行するのは分かったけど大変だと思います。きっと多くの方が同じ気持ちなのでは??

そういった方に向けて私から一言。

「人生一度きりです。自分の人生のボスは自分だけ。人生を他人に支配されるな!!」

会社の上司や、マウントばかりとってくる友達、わけのわからない占い師や怪しい人たち。そんな人に人生支配されてたまるか!!そう思ったらやる気がおきませんか??その気持ちが重要です。自分の人生のゴールは自分が決定し、あとはゴールに向けてひたすら頑張るだけです。

あっ!!一つ補足です。

私自身会社の上司や友達、周りの人に不満をもってはいませんからね(=゚ω゚)ノ

幸運にも環境には恵まれており、会社の人も周りの友達も尊敬できる人ばかりです。

 

最後に・・・

色々言っていますが私自身出来ていないことが多いです。

自分の人生変えるために、皆さんと一つ一つクリア出来たら幸いです。

さぁ、一緒に成功しましょう!!

 

気になる方は是非手に取って読んでみて下さい!

 

それではまた!

再見!!

-オススメ書籍・漫画

Copyright© 日台ハーフこたうめブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.