台湾に関する記事

台湾の絶品グルメTop15

更新日:

大家好!こたうめです!

本日は台湾のグルメについて紹介したいと思います!

昨今台湾旅行が凄く人気ですよね。

理由としては飛行機で2時間ぐらいで到着するという立地条件や、

親日国であること、そして、なによりも「食べ物が安くて美味しい!」

国内旅行よりも安く済んでしまいます。

そんな中面白いアンケートがありましたので紹介したいと思います。

湾旅行の目的

エクスペディア・ジャパンより抜粋し掲載させていただきます。

詳細はこちらhttps://welove.expedia.co.jp/destination/asia/taiwan/11735/

台湾旅行の主な目的はグルメです

みなさんもそうではないでしょうか?私の周りの人もよく台湾に遊びに行きますが、

目的はやはり台湾グルメです。台湾はグルメ大国なんです。

そんな台湾へ行く予定の方から良く質問をいただきます。

台湾旅行に行くけど何を食べれば良いの?

小籠包とかタピオカとか麻婆豆腐以外に何が有名なの?

そんな質問に答えるべく、そして、台湾旅行を満喫して頂く為に

台湾ハーフであり20年近く台湾に住んでいた私が、

台湾の絶品グルメTOP15を紹介したいと思います!!

その前にお伝えしておきたいことがあります。

故台湾グルメは美味しいのか?

 

それは蒋介石が中国から台湾へ逃げてきたとき、

中国各地から選りすぐりのシェフを一緒に

連れてきたからだと言われています。

1945年に第二次世界大戦が終結し、日本軍は台湾から撤退します。

その後、国民党の蒋介石が毛沢東との権力争いに敗北し台湾にやって

来たのですが、中国各地か一流のシェフも台湾へ連れてきたという事なんです。

また、1949年前後に中国大陸から120万人もの人たちが台湾に来ましたが、

その中に中国各地の優秀なシェフが多数含まれていたそうです。

つまり中華八大料理が小さな台湾という土地に降り立ったわけなんです。

食にうるさい一流のシェフが台湾にいたおかけげ、食文化が発達し今に

至るという事だったんですね。

また、台湾という国は日本と異なり自営業の割合が非常に多い国です。

その影響もあり飲食店を経営する方が多く、ライバルも多い為、

食のレベルがとても高いのです。

以上が台湾の食に関するルーツでした。

それでは本題である「台湾の絶品グルメTOP15」について紹介したいと思います!

湾グルメオススメ15選!!

【臭豆腐】現地の人は大好き!これぞ台湾文化!

発酵させた豆腐を揚げたシンプルなものとなっております。

名前の通り、とても臭い!!納豆よりはるかに臭い!!

くさやとも違う独特な匂いを放ちますw

正直好き嫌いのはっきり分かれる食べ物ですが、台湾人は大好きな食べものです。

個人的には絶対に食べてもらいた1品ですね。

記事を書いているだけでヨダレが・・・

台湾ビールとも相性が良く、酒呑みの人にはたまらないはずです。

中毒性が高く、一度はまってしまったら毎日でも食べたいと思うはず!

【牛肉麺】老若男女問わず皆大好き!

煮込んだ牛肉とスープ、麺で作られています。

牛肉麺は知っている人も多いかもしれません。

台湾の代表的な料理と言えば誰しもが牛肉麺と答えるでしょう。

まさに台湾人の文化です。本人でいうラーメンです。

台湾には牛肉麺屋さんがとても多いです。

色んな種類の牛肉麺がありますので食べ比べて見るといいかも。

そんな中私がおススメするお店は

「永康牛肉麺」

他のオススメ店はリンクからどうぞ!

台湾で食べる牛肉麺 オススメ5選!

 

【台湾麺線】B級グルメの代表!

こちらは台湾のB級グルメの代表的料理ですね。

日本のそうめんに似たものです。

麺にとろみのあるかつおだしベースの温かいスープで煮込んだ煮込みそうめんに大腸、パクチーが入ってます。

パクチー苦手な方は言っておけば外してくれます

そんなときは「我不要香菜」「ウォーブーヤォシャンツァイ」と言ってくれれば通じます!

また無料のトッピングで豆板醤や酢が置いてありますのですっぱ辛いの好きな人は是非お試しを!

量も多くなく、少しお腹がすいたな~って思ったときに食べて見てください!

そんな私がオススメするお店は

「阿宗麺線」

【豪大大鶏排】フライドチキンの台湾版!

こちらも台湾の代表的なB級グルメです。

鶏肉を油で揚げた単純な食べ物になりますが、フライドチキンとの違いは香辛料!

スパイスが効いていて癖になる味です。ボリュームも多いので大満足する1品です。

顔よりも大きい鶏が出てきますので初めての方はびっくりすると思いますよ。

辛さを選べるのもポイント!小、中、大と選べます。

そんな私がオススメするお店は

士林夜市にある「豪大大鶏排」

 

【肉圓(バーワァン)】千と千尋の神隠しにも出ていました!

千と千尋で出てきた謎の物体!千尋の両親がガッツいていた食べ物にでてきました。

外はゼラチンでぷにぷにしていて中身はとてもジューシーなお肉が入ってます。

店によっても異なりますが、タケノコとか豚肉とか色々入っていいます。

それをゼラチンで包み、甘辛いタレを掛け、パクチーがをのせるパターンが多いです。

食感で気持ちが悪いと言う人もいますが、台湾人には大好きな味です。

まさに台湾ソウルフードです!

臭豆腐と同じで万人受けするものではないので口に合わないこともあると思います。

 

【小籠包】日本でも大人気!紹介せずとも超有名グルメ!

これはご存知の方多いでしょう!

食べた瞬間に口から「ジュワァ~」と出てくる肉汁。

たまりませんね。

最近では日本でも台湾で一番有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)が上陸しましたよね。

ニューヨークタイムズ紙で"世界の人気レストラン10店”にも選ばれた名店です。

日本語メニューや日本語を話せる店員がいて安心。

そんな私がオススメするお店はもちろんこちら、

永康街にある「鼎泰豐」本店

他のオススメ店はリンクからどうぞ!

台湾で食べる小籠包 オススメ5選!

 

【魯肉飯(ルーロォウファン)】台湾料理の定番です!

魯肉飯とは細かく切った豚肉を甘辛いタレで煮込み、それをご飯の上にのせた丼ものです。

タレのかかったご飯とお肉の甘辛いお味がクセになります

トッピングはお店によって異なりますが、オプションで煮卵を注文するのがツウです。

台湾の食堂ではかなりの高確率でメニューにあります。

お肉の部位やタレの味付けなど、いろいろなお店を食べ比べしたくなるほど毎日食べても飽きないお味です。

そんな私がオススメするお店は「富覇王猪脚」

他のオススメ店はリンクからどうぞ!

台湾で食べる魯肉飯 オススメ5選!!

【珍珠奶茶】タピオカミルクティー!

今や日本でもタピオカミルクティーはコンビニでも売っているので、タピオカミルクティーを知らないという方は少ないとは思います。

台湾ではタピオカミルクティーは基本「珍珠奶茶」と呼ばれます。

「珍珠」は真珠「奶茶」はミルクティーなので、日本ではタピオカミルクティーのことを「パールミルクティー」と呼んだりしますね。
この「珍珠(タピオカ)」はもちろん本物の真珠ではなく、もちもちっとした食感の食べ物

その見た目から真珠のよう、と呼んでいるのですね。ゼリーでもなく、お餅でもなく、独特の食感は本当にクセになります

材料はキャッサバという植物の根のデンプンです。
このタピオカをミルクティーに入れてみたら、美味しいドリンクが出来上がり

基本は紅茶のミルクティーに入れるのですが、ミルクに入れたり、烏龍茶にいれたりと色々な発展形が楽しめます。
日本ではあまり見ない太いストローで、タピオカとミルクティーを一緒に飲んで食べて楽しめる、デザート感覚のドリンクです。

そんな私がオススメするお店は

「50嵐」

他のオススメ店はリンクからどうぞ!

台湾で飲めるタピオカミルクティー オススメ7選!

 

【甜不辣(テンプラ)】日本とは全く異なる天ぷらです!

日本の天ぷらとは全く別モノです。
台湾の「てんぷら」は日本人でいう「おでん」に近いです。
煮込んださつま揚げや揚げ豆腐、大根、その他色々なものに甘めのソースがかかっています。
トッピングで辛さ追加も出来、とにかく食が進む1品です。
夜市などの屋台で多くみかけますので、機会がありましたら食してみてください!

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

【豆漿(ドォウジャン)】台湾の朝食と言えばこれ!

台湾の朝ごはん”は、台湾グルメを語る上で外せない食文化です。

台北の街で早起きして街を歩くと、まだ暗いうちから開いている飲食店があります。

豆漿店です。豆漿(ドウジャン)、というと聞き慣れませんが、要するに豆乳のこと。

街角のあちこちにある豆漿店が、朝から食欲旺盛な台湾人の朝を支えています。

ほとんどの店はイートイン、テイクアウト、どちらもOK。

小吃(シャオチー)と呼ばれる点心を食べながら、豆漿を飲む。

これがポピュラーな台湾人の朝ごはんです。

 

【麻辣火鍋(マーラーフォグゥオ)】激辛しゃぶしゃぶのことです!

火鍋とは要は日本のじゃぶじゃぶのような鍋料理です。

肉類などをはじめ色々な食材を美味なスープで煮込みタレを付けて食べます。

火鍋というと辛くて汗だくになる鍋料理というイメージが強いですが、

火鍋のスープは辛いものだけではありません。

火鍋に使われる「辛くて汗だく」という表現は、

夏でも熱い鍋を汗をかきながら食べるのが台北風の火鍋の食べ方を現す火鍋を表現の言葉です。

台北では火鍋のスープのことを鍋底と言いますが、基本的なスープたる鍋底は、赤くて辛い麻辣鍋、

辛くない白湯の酸菜白肉鍋、鍋の中が2箇所に仕切られている辛い鍋底と辛くない鍋底の2種類で味わう鴛鴦鍋の3種類。

麻辣鍋の「麻」は山椒、「辣」は唐辛子の意味でこれらがきいた辛いスープ。

酢漬けの白菜を加えて酸味のきいたものが白湯の酸菜白肉鍋です。

そんな私がオススメするお店は

「老四川」

 

【豆花(トォウファー)】台湾スイーツとえいばこれ!

台湾を代表するスイーツ「豆花」。

ツルンとした豆腐、スープのようなシロップ、種類豊富なトッピング・・・

この3つのベースで繰り広げられる豆花ワールドは実に奥が深い。

「食後のカフェで一杯」の感覚で足を運んでみてください!

女性は絶対に好きです!大きいので二人で分けて食べることをオススメします。

デートにも最適ですね。

価格も1杯30~60元(約100~200円)で体にいいものがぎっしり詰まった究極の一杯。

そんな私がオススメするお店は

「騒豆花」

他のオススメ店はリンクからどうぞ!

台湾で食べる豆花 オススメ5選!

【肉包(ローパォ)】肉まんとは別もの!

発酵させたもちもちの皮に、肉汁たっぷりの餡が入った、食べ応えのある一品!

肉包(ロウパオ)は、一見すると中華まんのようですが違います。

鉄板で焼き上げてから少し蒸しあげるという、蒸すだけの肉まんとは違った調理方法で作られます。

飽きの来ない味で、何個も食べられちゃいます。

はっきりいって日本のコンビニの肉まんとは違いはるかに美味いです。

別格の味がするので是非食べてみてください。

そんな私がオススメするお店は

妙口肉包

 

【蛋餅(ダンビィン)】朝食の定番です!

この蛋餅、卵と小麦を鉄板で焼いたものです。

外側がカリッとしていて、中はトロトロのモッチモチ!

その上からちょっとピリ辛なソースをかけて食べます。

これはぜひ出来たてを食べてほしいですね。

食べ応えもあるので朝食にも最適!

 

【台湾かき氷】 女性に大人気!

台湾スイーツの定番、かき氷!

日本にも"アイスモンスター"が上陸して話題になりましたよね。

フルーツ盛りだくさんのかき氷や、ふわっふわ食感のかき氷など、台湾にはおいしいかき氷がたくさんあります。

また店によって全然違う味になるで食べ比べもして欲しいですね。

食後のデザートやおやつに最適!!

ボリュームも凄いので分けて食べることをオススメします。

そんな私がオススメするお店は

迪化街にある「冰讃 」

 

湾の絶品グルメまとめ

いかがでしたでしょうか?

台湾には美味しそうな食べ物が多くあり、行ってみたいと思いませんでしたか?

 

成田から約4時間でいけてしまう、台湾。

週末旅行先として、女性の一人旅先としても大人気。

 

LCCも就航し、手軽に楽しめる海外旅行先のひとつです。

機会がありましたらグルメ大国で絶品グルメを堪能してみてください!!

大変満足のいく旅が送れること間違いなしです!!

 

それではまた、再见!

-台湾に関する記事

Copyright© 日台ハーフこたうめブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.