台湾に関する記事

台湾で食べる牛肉麺 オススメ5選!

更新日:

大家好!こたうめです!

本日は台湾旅行では必ず食べるという程有名な台湾の代表的なグルメ、

牛肉麺ニョーロウメン)」について紹介したいと思います!

そんな大人気な牛肉麺ですが台湾に行くと色々な店があります。

「どこが美味しいの?」「オススメの店は?」「どこにあるの?」等、

日本と台湾のハーフである私に台湾旅行を考えている人たちが聞いてくるのは日常茶飯事。

そこで台湾に20年近く住んできた私が厳選するオススメ店

神5に絞って紹介していきたいと思いますw!!

その前にまずは牛肉麺って何??

という方へ簡単に紹介したいと思います!

肉麺って何??

日本人はラーメンに対する愛情がとてもすごいですよね!

ラーメンというのは中国の中華麺が日本に上陸してから、

今や日本の食文化にかかせない物として独自の進化を遂げています。

簡単に紹介しますと、日本のラーメンの台湾バージョンです。

みんな大好きラーメン、それと同じくらい「牛肉麺」というのは台湾人に人気があります。

まさに台湾人に愛された食なのです。

ラーメンとは作り方も違いますので簡単に特徴について解説していきます。

牛肉麺の特徴

1.スープ

ラーメンと同様、一番大事な出汁となる部分から各店こだわりをもって作られます。

基本は大量の牛骨と野菜、香りづけのための漢方を出汁として使用しています。

牛骨は長時間煮込んでいく為、濃厚なエキスとなりります。

そこにお酒やしょうゆ等の調味料を加えていけば美味しいスープが出来上がります。

スープは大きく分けて2種類あります。

◇紅焼牛肉麺(紅燒牛肉麵)醤油をベースに豆板醤、香辛料(花椒、八角)などで濃い目に味付けされた牛肉麺

川味紅焼牛肉麺(四川風辛い紅焼牛肉麺)やトマトの味が加わったりしてます。

◇清燉牛肉麺(清燉牛肉麵)牛骨と香辛料(花椒、八角)で味付けされた薄味のスープをベースとする。

透明だったり、牛骨からしっかりした出汁を取った、白濁したスープだったります。

 

2.麺

牛肉麺の麺は一般的にコシのある太めの麺を使用します。

台湾人はもともと太めの麺を好む傾向があります。

太い麺が濃厚なスープに絡むことで、食べた瞬間感動する味わいを得ることが出来るのです。

 

3.牛肉

牛肉は必ず使用します!

店によって牛肉の使用部位が異なりますが一般的には、

脂肪の少ない牛のスネの部分を使用したり、スジ肉を使用したり、ハチノスを使用したりします。

スープに麺が投入されたあと、最後のトッピングの場面でスープに入れていきます。

ラーメンでいうチャーシュー感覚ですね。

牛肉麺には欠かせない最も重要なところになります。

肉麺(ニョーロウメン)の歴史

牛肉麺の歴史

台湾が日本の植民地時代から解放されたときから始まります。

たくさんの中国人や軍に仕えていた人々が中国本土より台湾に訪れ、

その際、四川、蘭州などの地から調味料やダシを持ち込み、

それらを牛肉と麺に加えた料理ができました。これが元祖となる牛肉麺です。

そして牛肉麺は家庭料理としてだけでなく、全国各地へと広まっていきました。

現地の料理店はもちろん、なんとカップ麺としても発売され、世界のいたるところで食べられるように。

今では海外の観光客の心まで鷲掴みにしており、台湾の食文化へ大きな影響を及ぼしています。

出典元:https://tripeditor.com/348418

そんな台湾全土に広がる牛肉麺の名店をランキング形式で紹介していきます!

ンキングの評価基準は?

※私の意見だけではなく妻と知人、台湾に住んでいる現地の親戚達に聞いた情報を基に評価しています。

牛肉麺が美味しいお店は首都の台北に集中していますので、

台北中心の紹介になってしまうこと、あらかじめご了承下さい。

評価基準

・味 ⇒ 一番大事なところ!各店舗それぞれ特徴がります。

・価格 ⇒ 日本よりは遥かに安いけどやっぱり気になるところ!

・見た目 ⇒ インスタ映えするかどうかって重要ですよね!

それに加え、

・オーダーが簡単に出来るかどうか

・スタッフの対応

・オシャレさ

・店舗

などを総合的に評価します。

あくまで私と現地に住んでいる知人や親族の意見を集計したものになります。

湾で食べる牛肉麺オススメ5選!!

永康牛肉麺

https://www.travel.taipei/ja/shop/details/848

味  ⇒ ☆☆☆☆☆

価格 ⇒ ☆☆☆☆☆

見た目⇒ ☆☆☆☆☆

スタッフ対応  ⇒ 片言程度の日本語、英語は問題なし。

オシャレさ   ⇒ 庶民的な作り。けっしてお洒落とはいえない。

立地      ⇒ 東門駅近くにあります。

待ち時間    ⇒ 常に混雑しているので、ピークを避けての入店を推奨します。

総合評価 ☆5

https://tamoyu.com/taiwan-0124

個人的にNo1だと思います!!

こちらを超えるお店は台湾全土見渡してもないと思います。

地元の人たちに40年近く愛されているお店です。

ピリッとラー油の効いた辛口の紅焼牛肉麺と、

さっぱり牛のスープが味わえる清燉牛肉麺、

どちらも食べて欲しいですが、

まずは定番の紅焼牛肉麺をオーダーすることをおススメします!

食べた瞬間に広がる牛肉のコクと香り。絶品です。

牛肉もとても柔らかく、大きめのサイズがゴロゴロ入っています。

大きいのにも関わらず、触感は柔らかいのでビックリします。

麺のコシは他店舗に比べると少し足りないぐらいですが、私好みです。

途中でテーブルにある高菜をトッピングして食べるのが台湾人の食べ方。

高菜をスープに混ぜて食べることでまた一味違う風味を味わえます。

ボリュームもあるのに安く提供されていてます。

高級店ではなく庶民派なお店なのでコスパはかなり良い!!

安くて美味しい!

永遠の定番、「永康牛肉麺

台湾に初めて行く人は是非、食べてもらいたですね。

大人気なのでかなり混雑しています。混雑時間をはずしての訪問がベスト

詳細情報は公式HPをどうぞ!

住所:台北市金山南路二段31巷17号

最寄駅:MRT東門駅

電話:02-2351-1051

営業時間:11:00~21:30(材料が無くなり次第休憩に入ります)

定休日:旧正月前後

スタッフ言語:簡単な日本語のみ、英語OK

平均予算:300元

総席数:120席

支払:台湾元、日本円、米ドル、カード

交通:MRT東門駅

晶華冠軍牛肉麺坊CBN

https://changfong.pixnet.net/blog/post/45755919-《台北美食》晶華冠軍牛肉麵坊%EF%BC%8E晶華酒店主

味  ⇒ ☆☆☆☆☆

価格 ⇒ ☆☆☆

見た目⇒ ☆☆☆☆☆

立地 ⇒ MRT市政府駅3番出口と直結しておりかなり便利。

スタッフ対応  ⇒ 英語可能なスタッフがいます。

オシャレさ   ⇒ 高級感がありお洒落な雰囲気です。

待ち時間    ⇒ 何時間も並ぶほど混雑していることはないです。

総合評価 ☆4.8

https://changfong.pixnet.net/blog/post/45755919-《台北美食》晶華冠軍牛肉麵坊%EF%BC%8E晶華酒店

なんとこちら、台北のリージェントホテルがプロデュースしたお店です。

庶民派の有名店とは違い、高級店になります。

ホテルにあるだけ価格も高めです。

しかし価格に見合った味を提供してくれるお店です。

実はこちらのお店、

2012年の台北牛肉麺コンテスト優勝、常にランキング上位の名店なのです。

そして微風百貨店内の高級レストランフロアーに牛肉麺専門店で出店しCNNのランキング1位になりました。

それをきっかけに店名に「CNN」を入れてしまったらしいですw

価格は高いですが味はとても美味しく、具材が豪華でボリュームもありますので満足いただけるかと思います。

また、台湾独特の香辛料が苦手な日本人にもオススメできます。日本人や外国人向けの味です。

店内の雰囲気はおしゃれなカフェのようなスタイルです。

客層もホテル内にあったり、百貨店内にあるため少しリッチな雰囲気のお客さんが多い印象。

女性でも入りやすく、カウンター席もありますので一人でもOK!!

高級店の味わいを堪能したいかたは是非、一度は足を運んで欲しいですね。

詳細情報は公式HPへどうぞ!

林東芳牛肉麺

味  ⇒ ☆☆☆☆☆

価格 ⇒ ☆☆☆

見た目⇒ ☆☆☆☆☆

オシャレさ   ⇒ 移転後は明るくて清潔感のある店内。

価格      ⇒ 少し高めです。

待ち時間    ⇒ 混んでいますが席も多いので問題なし。

スタッフ    ⇒ 日本語を話せる人がいるので安心。

総合評価 ☆4.5

こちらはガイドブッグにも掲載されているミシュラン人気店です。

お店の特徴は10時間以上煮込んだ旨味のあるトロトロの牛筋。

お肉だけでいえば一番おいしいお店だと思います。

スープは醤油ベースに八角の風味がします。

漢方の風味が苦手な日本人は食べずらいかもしれません。

正直好き嫌いの分かれる味ですね。

麺は日本でいう讃岐うどんを思わせるような馴染みのある丁度良い硬さです。

万人ウケする味ではないですが、台湾らしい味、八角が好きな方にとっては最高の一杯になるのでしょう。

価格は一杯190元前後で設定されています。

深夜4:00まで営業しているのも好評価です。

住所:台北市中山區安東街4-3

最寄駅:MRT捷運「南京復興」駅

※2019年3月より新店に移転し、旧店舗から約200m先、八徳路二段大通りに位置。

営業時間:11:00~4:00(材料が無くなり次第休憩に入ります)

定休日:日曜日

桃源街牛肉麺

https://photo.xuite.net/maomi/20375892/745.jpg

味  ⇒ ☆☆☆☆☆

価格 ⇒ ☆☆☆☆☆

見た目⇒ ☆☆☆

オシャレさ   ⇒ 庶民的。張り紙に圧倒されます。

価格      ⇒ 150元と良心的な価格

待ち時間    ⇒ 常に人がいますが回転が速いです。

総合評価 ☆4.2

http://taiwan55.com/taoyuanjie-beef-noodles/

「桃源街牛肉麺」

最大の特徴はチャンピオンが手打ちをしているという最高の麺。

そして初めて訪れる人はあまりにも張り紙が多くてびっくりするでしょう。

本当に張り紙だらけですw

少し胡散臭いと思う人もいるでしょう・・・・しかも看板がない!!w

しかし、、、

台湾全土で一番「麺」が美味しいお店です。

他の一般的な牛肉麺と違い、コシの強い麺に仕上がっています。

スープにも絡みやすく、まさに究極の麺ですね。

牛肉は台湾産を使用していて、ゆっくり煮込んだ質感はホロホロで最高!

地元の人に愛されて50年以上の歴史がある有名店です。

場所は若者が大好きな西門町から徒歩5分程度の便利な立地にあります。

住所:台北市桃源街15

営業時間:10:00~21:00

定休日:不定休

交通:MRT西門駅4番出口から徒歩3分

老張牛肉麺

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g13811269-d6149237-Reviews-Lao_Zhang_Beef_Noodles_Diner-Da_an_Taipei.html

 

味  ⇒ ☆☆☆☆☆

価格 ⇒ ☆☆☆

見た目⇒ ☆☆☆☆

スタッフ対応  ⇒ 日本語は話せる店員がいます。

オシャレさ   ⇒ 広々としていてとても綺麗な店内。

待ち時間    ⇒ 常に混んではいますが、ピーク時間を外せばOK

総合評価 ☆4.2

https://www.travel.taipei/ja/shop/details/829

なんとこちら、永康街エリアで開店してから60年もの月日が経っている歴史のある老舗の牛肉麺店です。

長い間台湾人に愛され続けてき有名店です。

店内はとても広々していて、ゆっくり食事を楽しむことが出来ます。

特徴はピリ辛味の辣味牛肉麵。

ピリッとしたスープは辛いだけではなく、コクもしっかりとあります。

牛肉は大きいサイズがゴロゴロと入っていて、じっくり煮込まれている為

触感はホロホロ。ピリ辛のスープがしっかりと浸み込んでいて本当に美味しいです。

辛さもあるので食がすすむ一杯となっています。

価格は290元と少し高めなのが難点。

住所:台北市大安愛國東路105

営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00

休日:火

 

 

-台湾に関する記事

Copyright© 日台ハーフこたうめブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.