愛犬に関する記事

☆多頭飼☆先住犬と仲良くなるには!?

更新日:

大家好!!こたうめです!

本日は多頭飼を考えている飼い主さんに向けて参考になればと思っています。

因みにうちの子はめちゃくちゃ仲が悪かったですw

↓先住犬(写真左のこたろう君)と後から来た(写真右のうめちゃん

当時の状況からお話しますね。

多頭飼のきっかけとしては元々あこがれがあったのもありますけど、なにより一目ぼれがきっかけでしたね。こたろう君に出会ったときと同じで「ビビッ」と来たんですよね~

そのあと暫くはこたろう君と生活をしていて、丁度こたろう君4歳のときに生後半年のうめちゃんが我が家にきました。

うめちゃんにであったときも「ビビッ」と来たんですよねw

とにかくうめちゃんを家族に向かい入れたいという思いもありましたけど、色々調べると先住犬のストレスがヤバいと・・・

そこでうめちゃんの元にこたろう君を連れて行って様子をみることにしたのです。

すると。。。意外と問題なく、互いのにおいを嗅ぐ様子をみせるぐらいでした。

そこでうめちゃんを家族に迎い入れる決断をしました!!

しかし、実際に家に連れてくる大変なことが!!

こたろう君が大暴れ!

ずっと吠えているし、うめちゃんの耳を噛んで流血させてしまったり・・・

うめちゃんもこたろう君に怯えて最悪の日でした。

何とか仲良くなってもらいたい。性格不一致でもお互い気にしなくなる環境を作りたい一心で色々調べました。

そこから仲良くなるまで以下の行動を順番に実施しました!

①お互い同じ家にいるのに全く接触させない状況を作りました

2階にこたろう君、1階にうめちゃんの部屋を作った※我が家は2階建ての戸建てです

②何事も先住犬優先

⇒エサや散歩、一緒に遊ぶ時間もこたろう君から先を心がけました

③週1の顔合わせ

⇒私がこたろう君、妻がうめちゃんを連れて散歩にいった際、外で距離を置き顔合わせ

~ここに至るまで3カ月

④毎日家でご対面

⇒私と妻で互いに両方をだっこしながら距離を縮めました※初めは1分~スタートし、徐々に時間を長くしていく形で半年間ぐらいつづけました

~ここに至るまで半年

⑤一緒にお散歩

⇒2匹ならんで一緒に散歩へ出かけました

~ここに至るまで9カ月

⑥部屋も同じ、食事も同じスペースで自由にさせてみた

⇒初めはヒヤヒヤしましたが、徐々に馴らした影響もあるのか全く問題無しでした

~ここに至るまで1年

ここまでなるのに「すっごく大変でした!!」

でも最終的には仲良くなってくれて本当によかったです。

やっぱり時間が解決してくれますねw

最後に最近の様子を!

多頭飼のメリットやデメリット、注意すべきことなどはまた別の記事で紹介します!

それでは、、再见!!

-愛犬に関する記事

Copyright© 日台ハーフこたうめブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.